温泉について

あけびの湯の温泉は気温や湿度といった気象条件によって無色透明、緑色、白濁色と様々な表情を見せます。 何度来ても飽きのこないそんな日帰り温泉です。
また、浴槽内には珍しい黒い湯花が現出します。汚れではありませんので安心して 珍しい湯花をお楽しみ下さい。

  • 大浴場
  • サウナ

おぶせ温泉について

源泉名 おぶせ温泉
湧出地 含硫黄・カルシウム-ナトリウム塩化物泉 ( アルカリ性低張性高温泉 )
泉温 42.9℃
効能 硫黄による殺菌作用、末梢血管拡張作用、血糖値の降下作用により、慢性皮膚病、高血圧、糖尿病に対して効能があります。
塩化物を含みアルカリ性であることから、皮膚表面にごく薄い膜を作り毛穴を塞ぐことから温熱効果により冷え症、神経痛等に効能があります。
湧出量 93.8リットル/分(掘削動力揚湯)
加温の有無 源泉温度が低いため加温しています。
循環ろ過装置の有無 大浴場は浴槽水の衛生管理と温泉資源の保護のため循環ろ過装置を使用しています。露天風呂は加温循環のみ行っております。
なお、当館では新しい源泉を常に供給し、オーバーフロー水は再使用しておりません。
殺菌剤の使用の有無 大浴場は衛生管理のため次亜塩素酸ナトリウムを使用しています。露天風呂は使用しておりません。
温泉水の色について 当温泉は気温や湿度といった気象条件によって無色透明、緑色、白濁色と様々な色に変わります。
このような温泉は各地にあり、天候によって色が変わると書かれているところが多いですが、実際のところはよくわかっていません。
その日によって変わる色の違いを楽しまれるのも良いかと思います。

浴槽内の浮遊物について 浴槽内に黒い浮遊物が見られることがありますが、これは硫化物の沈殿、いわゆる湯花の一種であり汚れではありません。なお、この浮遊物を手などで掴んでしまうと皮膚についてしまいなかなか落ちませんのでご注意して下さい。